子供の教育学

  • アントニオ小猪木 公式ブログ/子供の教育学 画像1
小元気ですか〜っ!?

エコまつりの会場を歩いていると正木健雄先生に会った。正木先生は『日本子どもを守る会』の会長さん。

小猪木が「子供にはどんどんプロレスごっこをやらせましょう!」とメッセージを発信している。何故、小猪木がそう訴えるか。子供にはプロレスごっこを通じて「人の痛みを知る・謝ることを知る・許すことを知る」を訴えてきた。我々の子供の頃の時代はやっちゃいけないと教育されたが、今はやるべき。ケンカしても殺意のない年頃の子供には特にやらせるべきだ。そして体や心の痛みを知り、遊び上手になる。

正木先生にも小猪木の考えを以前伝えた時を覚えていてくれて、熱い握手を交わして、この本を読むとよいと渡された本
『脳をきたえる「じゃれつき遊び」』
という本だ(写真参考)。

だいたい3歳から6歳までの子と大人のじゃれあいについて書いてある。

相撲ごっこやプロレスごっこをどんどんしなさい、くすぐりごっこやハグをどんどんしなさいと書いてある。他にも色んないい事が書いてある。

やっぱりやった方がいいんだ。今の時代は特にだ。

ここからは小猪木の持論だが、6歳から12歳までは友達同士でどんどんじゃれあってボディコミュニケーションを取るべき。

中高生以降はケンカしても絶対にノーサイドにすること。

小猪木のお笑いプロレスから学んだことを社会メッセージに変えてく活動を今も勿論している。

大人から子供へ
先輩から後輩に
兄姉から弟妹に教育を!

どうだい?

 
  • コメント(全5件)
  • たかちー 
    4/25 01:11

    いい話しです
    応援してます
    ち品川ですけど、どこ行ったら会えるのでしょ
    お疲れ様です。エコ通りっ
    どこですかー

  • *しゃん*イベは、マイペース(^^ゞ 
    4/25 02:14

    スゴくわかります
      今の教育は、何かが違う気がする…
    張ってくださいね

  • めぐ 
    4/25 06:18

    凄くいいことだと思います
    の子どもは人の痛み痛みを知らない…
    だから中学生ぐらいで人を殺したとかそういうニュースが流れるんですね

  • たま 
    4/25 10:13

    同感で

  • たかまさ 
    4/25 10:40

    大人から子供
    先輩から後輩
    兄姉から弟妹に教育を!

    仰る通り!
    今の世の中、これが欠けていますね!!

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)