「無想剣」

「竜馬がゆく」1巻 淫蕩 より



どこの国の山奥であったか忘れたが、キコリがいたと思え
深山で、あるキコリが斧をふるって大木を伐っていたとき、
いつのまに来たのか、サトリという異獣が背後でそれを見ている。
 
「何者ぞ」
ときくと
「サトリというけものに候」
という。
 
あまりの珍しさにキコリはふと生捕ってやろうと思ったとき、
サトリは赤い口をあけて笑い、
「そのほう、いまわしを生捕ろうと思ったであろう」
と言いあてた。
 
キコリはおどろき、このけもの容易に生捕れぬ、
斧でうち殺してやろうと心中たくらむと、すかさずサトリは、
「そのほう、斧でわしをうち殺そうと思うたであろう」
といった。
 
キコリは、ばかばかしくなり、
(思うことをこうも言いあてられては論もない。相手にならずに木を伐っていよう)
と斧をとりなおすと、
「そのほう、いま、もはや致し方なし、木を伐っていようと思うたであろう」
とあざわらったが、キコリはもはや相手にならずどんどん木を伐っていた。
 
そのうち、はずみで斧の頭が柄から抜け、
斧は無心に飛んで、異獣の頭にあたった。
頭は無残にくだけ、異獣は二言と発せずに死んだという。
 
剣術でいう無想剣の極意はそこにある。

周作はいう。
「心妙剣とはなにか」
別名を実妙剣といい、自分が相手に加えようとする狙いが
ことごとくはずれぬ達人のことで、
剣もここまでゆけば巧者というべきである。
しかしこの剣も、サトリの異獣のように
それ以上の使い手が来れば敗れてしまう。
 
無想剣とは、「斧の頭」なのだ。斧の頭には、心がない。
ただひたすらに無念無想でうごく。
 
異獣サトリは心妙剣というべきであり、無想剣は斧の頭なのだ。
剣の最高の境地であり、ここまで達すれば百戦百勝が可能である。




剣豪「千葉周作」は、門弟に目録や皆伝をあたえるときは、
かならず、この話をしたそうです。










そして、これがネットで見つけた「無想剣」

























こちらも見事な夢想剣です・・・

http://detail.chiebukuro.yahoo.co....