ネコ可愛がり

  • 天地総子 公式ブログ/ネコ可愛がり 画像1
  • 天地総子 公式ブログ/ネコ可愛がり 画像2
  • 天地総子 公式ブログ/ネコ可愛がり 画像3
先日ペットショップを覗いたら、可愛い顔のネコがいた。


まだ娘が小学3年生の頃、拾ってきた『ニャンスケ』にどことなく似ていた。

怪我をして、行き倒れていたところを娘が連れて来た。

動物好きの娘としては、放っておけなかったようで、結局我が家で飼うこと

になった。

片足になった『ニャンスケ』は気性が荒い雄猫で、私にはあまり馴染まなか

った。

このニャンスケにはさんざん悩まされた。

身体は弱いものの、気が強く私に向かって来るような時もあって、獣医さん

に相談に行ったこともあった。

猫は気ままなので躾は難しいとの事。「やっぱり『ネコ可愛がり』しかあり

ませんね」との先生のお言葉に笑ってしまった。

それからは努めて優しく話しかけるようにして、コミニュケーションをはか

ると、少しずつ甘えるようになった。

一日が24時間ではとうてい足りない・・・と思うような多忙な時代だった

せいか、心にゆとりがないのをネコに見透かされていたのかも知れない。

ニャンスケは短命だった。

世話は結局私が見たものの、娘の嘆きは大きかった。

ガラスケージの中のネコを眺めながら、昔をしのんだ。

カメラを向けたら、ちょうど顔を上げアップで撮る
ことが

できた。

『ネコ可愛がり』も解るような気がした。

 
  • コメント(全1件)
  • ようさん(猫は気まぐれ) 
    1/13 23:19

    こんばんは


    ニャンスケちゃん
    難しい感じですね

    私も
    と暮らしていたから分かりますよ

    相手は鏡で、
    は自分のその時の気持ちがそのまま、反映されているような気がします



    気持ちを閉ざしてい
    猫が…
    自分に心を開いてくれた時は、凄く嬉しかった
    すよ



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)