実のなる木

  • 天地総子 公式ブログ/実のなる木 画像1
  • 天地総子 公式ブログ/実のなる木 画像2
  • 天地総子 公式ブログ/実のなる木 画像3
稔りの秋だから、というわけではありませんが、実のなる木に惹かれます。

綺麗な赤い実を、ビッシリとつけたピラカンサス。
 
春に可憐な白い花をいっぱい咲かせて、秋には真っ赤な実をつけるこの花言

葉は「慈悲」だそうです。

寒い冬の間も赤い実をまとい、その身を小鳥たちに分け与える姿が慈悲深い

のでしょうか。

そう言えば昔、色づいた姫ダイダイのまあるい実を、口にくわえて飛び立つ

瞬間を目撃したことがあります。

鉢植えの姫ダイダイの木からいつの間にか、実が姿を消してしまうのはそう

いうことだったのですね。

この姫ダイダイの赤い実を、まだ赤ん坊だった頃の甥っ子が摘まんで、パッ

と口に入れてしまったことがありました。

次の瞬間、にが〜い顔をして火が点いたように泣きだしました。

小鳥たちのご馳走も、人間には目で味わうだけのようです。

小鳥たちは、餌が豊富なうちはピラカンサスのような木の実は食べないと聞

いたことがありますが、本当でしょうか。

彼らの知恵で、冬の非常食用とでもしているのでしょうか?

写真は、二色が珍しかったので鉢植えピラカンサス、アップにした姫リンゴ

とザクロの木です。