多賀城からの連絡

昨日ようやく多賀城から事務所に連絡が入りました。

心配していた知人です。とにかく無事で安心しました。

仙台で仕事中に地震に遇い、20キロ歩いて多賀城の自宅まで戻ったとの事。
要約しますと、

途中、津波や余震の恐怖の中、命からがらに辿り着いたら自宅の1階は浸水
。手のつけようもない状態。
2階の濡れなかった一隅で、家族肩を寄せ合ってかろうじて凌いでいるが、ライフランが復活しておらず、近くの避難所で飲食物を調達しながら暮らしている。
5メーター先まで電気・水道が通ったところもあるが、ここは塩水に侵され漏電の心配があるからまだ出来ない・・・と、くやしい。
物資はいろいろ届くので、今は行列に並ぶのが仕事のようになっている。
昼間はなんとか過ごせるが、家の中でも寒くて、やっと寝ついたと思うと余震があったり上空をヘリが飛び交い、うるさくて眠るどころではない。
年老いた両親がまいっている。
やっと昨日避難所に、NHKから3台テレビが届き、人だかりが出来ている。
しかし、世の中がどうなっているのか情報が無くさっぱり分からない。

この地震は「阪神」の時より大きいですか?
死者は何人ぐらいですか?
1週間たっても、まだこのニュースが流れているのですか?
ラジオは一つも持ってないし、あれだけテレビ好きの僕が1週間も情報なく過ごしているのが嘘のようです。

こちらからは、おおよその現在までの流れを伝え、未曾有の出来事で、1000年に一度の大震災と言われていること。
道路の遮断で、救援物資が届かない避難所も沢山ある。
日本中の人達が被災地の皆さんを心配して支援に立ち上がっていること。
今日あたりからは、陸・海・空の手段を駆使して救援活動が本格的になりそうなので、もう少しの我慢を。
世界各国からも次々支援の手がのべられていること。
また、国が一丸となって復興に尽力することをお話しました。

行列に並びながら連絡していたようで、順番が来そうなので・・と言って電話が切れました。

福島原発のことを話したら、びっくりしていました。
後に、彼が新聞やテレビの番組で今回の全貌を知ったら、もっと驚愕すると思います


 
  • コメント(全2件)
  • ようさん(猫は気まぐれ) 
    3/19 14:26

    連絡が取れてよかったです


    ニュースに過剰に反応したひとの買い占めが行われ…

    届いてほしい場所のかたには情報が届かないもどかしいですね〜

    今回、ずっとラジオを聴いています。

    被災地の早くの復興を祈ります。


  • タネください!のみやび 
    3/19 16:29

    知らないだなんてへーって凄くびっくりしました。確かに、会社勤めの関東の友人に連絡を取ったんですが、会社に泊まり、携帯の充電が出来なくて初日の事はほとんどわからないと言っていました。関東でさえそうなんですからね…

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)