コップンカーありがとう

  • 秋本奈緒美 公式ブログ/コップンカーありがとう 画像1

昨日のお話

生放送を終え
神谷町のホームへ。
電車を待つ間、読みかけの本に目を落とす。
と、隣にいた旅行者の方に尋ねられた。
『トウキョウタワーに行きたいの』
その手には、アルファベットで書かれた Kamiyachoの文字。
彼女は一体どの位の間、このホームのベンチに座っていたのだろう。
『1番出口からいけますよ』そう伝え、私は来た電車に。
ありがとう。と言って去った彼女の後姿が、なんだかとても心細く見え、思わず彼女を追いかける。
『駅員さんに詳しく聞くから、そこまで一緒に行くね』改札口手前で、道順を尋ね、彼女に伝える。お互いカタコトの英語。
あなたはどこへ行くの?彼女は私の時間を気遣ってくれたのだろう。言葉もわからなく不安だというのに。
『よい日を。』日本語で伝えた私に
『コップンカー』と、彼女。バイバイと言いながら改札を抜け1番出口へと消える。
コップンカー。。。
あっ。タイの言葉だ。
私は胸が熱くなった。
今日は我が愛する愛犬パタヤのお誕生日。
パタヤはタイの美しいビーチの名前。その日に、タイの方との交流があろうとは。
日々起こる出来事は偶然ではない。彼女の暖かな微笑みを思い浮かべながら、胸が更に暖かくなった。

ありがとう。ありがとう。