街の機能の停止。

今朝は駅前に井戸端会議中のサラリーマンがいました


電話を片手に苦笑いしている様子。


駅の改札をくぐると、
いつも開店しているケーキ屋さんのシャッターが閉まっていました。


開店は2時からです。


という貼紙。


みんな節電してるんだ



と思って、街の通りに出ると..


おぉ



信号機が全部きえてる


交差点に響く、お巡りさんの笛。


今まで、停電する街に一度も遭遇しなかったので、
初めての光景でした。


大きな十字路は、お巡りさん二人がかりで、手信号にあたっています。

お巡りさんを見ながら、

教習所で習った手信号を思い出しました。


でも、


今更、手信号など忘れてしまったという、ドライバーが、のろのろ、お巡りさんを無視して通るわけです。

参ったなぁ、という表情のお巡りさん


交差点の二人がかりの手信号は歩行者の安全を守るだけで手がいっぱいです。

車に注意する余裕がありません。

そんな事を気にしてる間にも消防車がサイレンを鳴らし、通りを通過していきました


地震の影響が、生活にじわじわと目に見えるようになってきました。


そんな中、見ず知らずの人同士が声を掛け合って助ける姿を見かけます。

物がなくなってきても、強盗なども起こっていません。

日本人である事に誇りを感じました。


自分自身も助け合う気持ちを持ちたいと思います