福耳

昨日、渋谷を歩いていて昔の知人に会った。
「いょー!久しぶりー、どうしてたー?」すれ違いざまで忙しそうだった。
「今度、飲みに行こうよ」と言ってそのまま雑踏の中へ消えて行った。
彼の電話番号も郵便番号も知らないのに・・・
まっ、それはそれでいいんだけど。一つ気がついたことがある。
それは彼の耳が福耳だったことを。電車の中で考えた。
フクミミかあ。そう言えば顔も人のよさそうな顔をしている。
太ってたし、まるで、えびす様みたいな顔をしている。幸運な人生を歩んでいるのかな?
野球の松井、「やりましょう」の野田さん、補佐する枝野さん。そして大滝秀治さん
みんなすごい耳をしているね。
僕の耳はというと小ぶりでペラペラ。
福耳の人は幸運な人生を送るという・・・案外当たっているかもね。
僕も福耳になるよう毎日ひっぱったり掴んだりマッサージをしている。