剱岳

登山の番組を観る。
剱岳2990メートルを登る。頂上まじか岩山を登る。ロープを伝って頂上を目指す。

カナディアンロッキー4000メートル級のロブソンを目指す。
クレバスを越え、ひたすら頂上へ。

この間NHKでやってた素晴らしい番組だ。

観た後ぽつりと思う。
帰りは来たルートを戻るのだろうか?

剱岳にあっては登頂目前は垂直の鎖場とはしごだ。文字通り這いつくばって登る。
登頂した人々は素晴らしい大パノラマを我がものにできる。

しかし、帰ることを考えたら・・・

秘境の温泉と銘打って山奥へ又、山奥へと一泊二日で歩いて目的地に行く。

コレもそう思う。帰ることを考えたら・・・ですよね。

特に男はひとつの山を征服する時、全精力を注ぎ込む・・・?です。

それで、帰り道とは・・・