勝負師

昨日と今日は代々木に行ってきた。
昨日はう〜さぶっ!だったが一転、今日はさわやかな秋晴れだ。
昨日のことだ。
電車の座席シートに座ってると前に立ったサラリーマン風の男が
新聞を読んでいる。片手に吊革、片手に新聞。

その新聞が隣の人に迷惑にならぬよう、胸前で「キチッ」と折りたたみ
ページ通り読み幅20センチぐらいで「キチッ」と折り返し読んでいく。
幅20センチぐらいだから隣りの人にも、前に座っている人にも迷惑はかけない。
あの「キチッ」っとやる性格は相当几帳面だろうな・・・きっと。
僕には出来ない。

そのふっと見た記事に漫画家・・・という文字が目に入った。
漫画家か・・・落語家、画家、作家、・・・なんで「家」がつくのだろう?
それと同様に「師」と呼ばれるものがある。釣り師、漫才師、牧師、教師・・・
家と師の違いはなんだろう?
落語師、画師とは言わないもんね。
うちに帰ってきて辞書で調べた。
家→その道専門の人
師→教え導く人

・・・勝負師、詐欺師・・・