リアル16歳だった時

  • 赤星ぽち仔 公式ブログ/リアル16歳だった時 画像1
お正月も終わったのでTOP画を変えてみました。
どうも、赤星ぽち仔です。
皆様こんにちは。

随分と長い事正月モードだったぽちの頭も
ようやく正常に機能するレベルまで回復しました。
よかった、このままずっと正月ボケしてたらどうしようかと。。。w
基本的に自分に甘い人間なので、
切り替えられない時は半年ばかりボケーっとしてしまいます。
ぽちのやる気スイッチ、どこですか?^q^







さてさて、
そんな訳で相変わらず頭の中がお花畑状態で
正直今ここまで書くまでに1時間近くかかってるんですが
とりあえず書く事が思いつかないので
リアルな16歳だった時に初めて行った合コンの話でもします。
アイドルが合コン話とか、ありなんだろうかと思いますけど
とりあえず書いてみます。


えーと、とりあえずその時のぽちは高校生ですね。
高校1年生の一学期の時に編入試験を受けて、
元々行きたかった高校に編入したのはいいんですが
元々人見知りな上にあんまり人を寄せつけない態度をとってたせいか
完全にクラスから孤立しておりましたw

孤立してても「一匹狼な自分かっこいい」とか思ってたので
そんなにツラくは無かったんですが、
そのうち話しかけてくれる子がポツポツ出来はじめたお陰で
まぁまぁな感じの高校生活を送ってました。

で、そんな時にクラスの女子に
「カラオケおごるから来ない?」といわれ、
当時無類のカラオケ好きだったぽちは
「え?まじで?なんで?行く!」と良く話も聞かず、
とりあえずカラオケ楽しそう位の気持ちでほいほい着いていきました。

学校の近くのカラオケ屋につき、部屋に入ると
クラスの女子3人と知らない男子が5人。
私とその子を足すと5人vs5人。
普段よりも少しばかり化粧が濃いクラスメイト。
品定めするような目でぽちを見つつヘラヘラ笑っている(ように見えた)男子。
そこでやっと「あ、これ合コンか」って事に気付くぽち。
完全に場違いでした。
だって普通にカラオケしに来ただけだったんだもん。

正直合コンに行く人に嫌悪感を覚えていたぽちは
全くその男子達に興味が沸かず、
かと言って帰る勇気もなく、
(とりあえずカラオケに来たんだからカラオケして帰ろう)と言う事で
デンモクをいじったり歌本を開いたりして
目の前の光景をガン無視する事にしました。
今考えるとすっごい感じ悪いですけどねw
着いて早々、会話もロクにせずデンモクいじりだすんだもん。

で、まぁ周りが近隣高校の話や中学の話で盛り上がったりしてる間、
一心不乱にデンモクをピコピコいじっていたら、
ラルクの曲画面を見ているところで隣に居た男の子に
「ラルク好きなの?」と聞かれて「うん、好き」と答えると
「俺も好きなんだー!○○のライブ行った?」的な話から
その男の子と話す事に。

その時のぽちは「hydeこそは神の申し子」と思っていた位ラルク好きでして
同じくラルクを信仰しまくっていたその男の子とひたすらラルク話で盛り上がり、
かと言って出会いに来た訳でもなんでもなかったので
カラオケが終わってからは普通に帰宅。
もちろんその男子と連絡先の交換もせず、
「合コンってあんな感じなんか」と思った位でその日は就寝。
次の日普通に学校へ行きました。

で、まぁ次の日普通に学校へ行くと、
何故か昨日の合コンにいたメンバーが冷たい。てかシカト。
「?」と思いつつ、
別のクラスに友人が居たので「まぁいいや」と放置してたんですが
その状態は結局2週間位続きました。

後から聞いた話によると
その合コンをひらいた理由が、A子がラルク少年の事が好きで
元々はラルク少年とA子が仲良くなる為に開催されたものだったらしいのですが
私がラルク少年とずっと喋ってたのが気に入らなかったらしく
はぶきにあっていた模様です。

はぶかれていた時は「前に戻っただけだし別にいいや」位の気持ちだったんですが
その理由を聞いた時の方がショック受けたのを覚えておりますw
まずその趣旨聞いてないし、
A子の狙ってる男の子がいるのもしらんかったし
そもそも番号すら交換してないんだから潔白だろう、とか色々思ったんですが
まぁそんなの言ってもなんも意味が無いですし
そんな理由ではぶいちゃう女子が凄く怖かったですねぇ。
それ以来、ぽちは合コンというものにあんま良い印象を持たなくなりましたw
つまんないしw




ぽちは割と女子友達が多いので
「合コンひらいてよー」的な電話が来る事がチラホラあるんですが
こんな訳であんま良い思い出がないので合コンは開催しませんw
てゆーか知らない人達と飲むより
知ってる人達と飲むほうが面白いって思うのはぽちだけなんかな?w
みなさんは合コンとかしたことありますか?


Photo by あくぽんさん