遭難。

この花が咲いて 枯れるまで
きっと二人には
乗る物も見当らない

積載の限度を誤らない様に
望む儘離す距離
拒むのを許せよ

遂に壊して着地点 認識困難
「堕ちていく。」

こうやって今此処で開花する
傷付け合いの会話が
善くない種を増やして
また育っていく

嗚呼 もう如何にでも
なりそうな事態
答に気付いても未だ お互い
愛しいと感じている非常線
「救助して。」


冬が嫌いと云う 冷えた手は
とうに選ばれて届く距離
掴むのを赦せよ

一層壊して水面が
遙か頭上へ「溺れる。」

こうやって今振り向きもせず
慈しみ合うこと自体
危ないとは判っていても
黙っている

嗚呼 もう如何にか
なるかも知れない
答に気付いても未だ
お互い微笑み合う真昼
紅いネイル!
だって真実等に興味は無い…
下品な芝居で定刻
果敢ない想いを真っ白に
隠して置いて

嗚呼 もう如何にかなる
途中の自分が疎ましい
然様なら お互い似た答の筈
「出遭ってしまったんだ。」





BY 東京事変






頭の中でエンドレスリピート。




大学の、軽音サークルで初めてやったのがこの曲だったんだよなぁ…








ちょっとだけ、ホームシックだ。

ちょっとだけ。