「普通の女の子として生きにくいあなたへ」




大好きで、何度も何度も読み返している本です。
 
上京してすぐの頃タイトルに引かれて手にとって最初の数行読んで即購入した一冊。
なんとも不思議な感覚。インスピレーションやね
 
 
決して私は普通に生きにくい体質ではないけれど
著者の香川水菓子さんの思考に大いに共感し、また強い憧れを抱きます。
 
こんなふうに感受性豊かに生きてみたいです。
 
 
この本相当おススメ。大好きやなぁ
 
あべま