本気で…泣いてしまったの…私…

  • し〜ちゃん 公式ブログ/本気で…泣いてしまったの…私… 画像1
  • し〜ちゃん 公式ブログ/本気で…泣いてしまったの…私… 画像2

そう…

昨夜の事です!!




昨日は


【靖國神社・みたま祭り】


一般社団法人日本歌手協会
50周年記念
《うた奉納☆神々に捧げる心の歌たち》

が、19時から…


靖國神社能楽堂で
行われた…



[出演]は

初代・コロムビアローズさん

三浦 洸一さん

曽根 史朗さん

三島 敏夫さん

大津 美子さん

こまどり姉妹さん

田辺 靖雄さん
(日本歌手協会・代表理事)

私・あべ静江
(日本歌手協会理事)

[構成&司会]

合田 道人さん
(日本歌手協会理事)



私は、

《フランチェスカ鐘》

《蘇州夜曲》

《みずいろの手紙》

を 歌う事に…



初めての

みたま祭りへの参加!!


身も 心も

引き締まる思いだった…



特に…

いろいろ考えれば考える程・‥…




16:30位に入り

ずっと奥の方まで
案内されて

参拝をした・‥…


それだけでも
靖國神社の空気に
のまれそうになりながら…





《フランチェスカの鐘》は

母が

第四回 NHKのど自慢(昭和26年)で
優勝した時の曲!!

当時 優勝者は
レコードデビューの
レールが引かれていたのに

既に
お腹に私が居た母は

父と駆け落ちをし…


『松本(母の旧姓)ひさ行方不明』と
新聞で騒がれたりもした…



昨年の

父(栄之助)の葬儀の時にも


フランチェスカの鐘が
流れていた…



私が デビューして
すぐのこと


二葉あき子さんが

私の楽屋に
飛び込んでこられた事がある!!


「あなたが
松本ひささんの娘さん!?」


『はい…』


「私はね…
NHKののど自慢での
あなたの お母さんの歌を聞いて
《フランチェスカの鐘》は
あなたの お母さんに
さしあげたつもりでいるのよ」


私には…

あの時は
その大きく深い意味は
全く理解できず…

ただ ポカーンと
していた…



でも

今の私にとって

フランチェスカの鐘は

ディープな意味がある…


その歌を歌うこと…


父に繋がる思いを

断ち切らないと
歌えない…

特有な緊張感がある…!!




昨夜は

靖國神社能楽堂という
場所がら

サウンドチェックもできず

ぶっつけ本番だった…


歌い始めたら…

ヴォーカルマイクが入ってない!!!


動揺した…





場面が変わって


《蘇州夜曲》


この歌も…


戦争という 歴史をふまえた上で

どう歌えばいいのか…


考えすぎたせいか…


歌詞が 覚えられない
苦しみを味わった…


毎日毎日…

私の家では

《蘇州夜曲》が流れていた…


わずか 4行×2コーラス


その 歌詞が

なかなか 体に頭に

入ってきてくれない…


苦しかったの…




いろいろあったけど…


《フランチェスカの鐘》

《蘇州夜曲》を歌い終え


少し ホッとして…



私『良いの!?
みたま祭りで
《みずいろの手紙》を歌って…』


合田「やっぱり…
し〜ちゃんが参加して
《コーヒーショップで》も
《みずいろの手紙》も
歌わないのも…現在を
生きてる方々にも
喜んでもらいたいじゃない」

私『じゃあ
歌わせていただくね』


そんな会話から

《みずいろの手紙》も

加わったんだけど…


私にとって

初めての 体験となってしまった…



“お元気ですか
そして いまでも
愛していると言って下さいますか”


台詞を言い終え

いつものように歌い出した…


“みずいろは〜
涙色〜そんな便箋に〜”


―その時だった―


私の目線には


空が見えていたんだけど…


戦時中…

母・妻・恋人・子供…


いろんな立場の
いろんな思いで


手紙を 綴っている
女性の姿がうかんできて…


“泣きそうな心を〜
た〜くしま〜す〜



―また、その時―


戦地で 手紙を受け取る方々の
姿がうかんできて…


“あれこれと〜
楽しげな〜事を書き並べ〜
寂しさを〜紛らす
わ〜たし〜で〜す〜”


―また、この時―


この手紙が…

無事に手元に届くのかどうか

読んでくれるのかどうか…

不安を隠しながら
手紙という
ツールに
たくした想いが飛び込んできて…



“会えなくな〜って
ふた〜つき過ぎて
なおさらつのる恋心〜”


―私…号泣してしまった…―




唯一繋がりがもてた

あの時代の

ツール…手紙…



私は…

歌えなくなってしまったの…


“てが〜み
読ん〜だら〜
すこ〜しでいいから〜
わ〜たし〜のも〜とへ〜
来て〜ください〜”


この言葉を

言いたくても

それが許されなかった


その女性たちの想いが



ドカーンと


私に 降りて


打ち砕かれてしまった感じ…




初めての経験でした…



《みずいろの手紙》を歌って


涙したのも初めてなら


号泣するなんて…


考えてもみなかった出来事に…




実は 今も…


危うい感じです!




まさか

作詞をして下さった


阿久 悠先生も


靖國神社の みたま祭りで


私が 手紙を書く女性の姿を


その時代に
合わせるとは…


想像なさらなかったと思う…



ただ…


代表曲の1つである
《みずいろの手紙》を

キチンと歌えなかった私…

肩を落として
ステージ袖に入ると


楽屋を御一緒させていただいた

こまどり姉妹さんが


「今日は静江さんに
神様がおりていらしたのね」


っと

実に サラリと
声をかけて下さった。。。



大先輩方には

似た経験が
おありになったのかしら…




39年近く
歌い続けている

《みずいろの手紙》が…



別の 詩の 意味に感じた


不思議な夜…




号泣しながら

私が その


泣いてるワケを話している時に



水をうったような



集まった皆様の表情…



忘れられません。。。




でも・‥…


キチンと歌えなかったことは…



この場を
お借りして…




ごめんなさい。。。






※写真は

終わってから

感謝状をいただいた時の
様子です♪




☆静江☆

 
  • コメント(全15件)
  • ふぅ 
    7/14 23:42




    こんばんは♪
    あの時のし〜ちゃんは、本当に何かが降りてきたかのように見えました!
    何も言わなくても、し〜ちゃんの気持ちは伝わってきましたよ!
    し〜ちゃんが歌った三曲は、すごく深い意味のあるものだったんですね…
    きっと戦死した方や、私たちにもし〜ちゃんの心にうたれました。

    ありがとうございました!
  • かこ**りず(=^ェ^=) 
    7/14 23:46

    神々の場所…

    色々な想い

    私も涙してしまいました

  • ふぅ 
    7/14 23:48




    すみません。
    追記致します
    今の時代を見ると、戦争で亡くなった方々に申し訳ない気持ちになります
    勉強したくてもできなかったり、愛する人と離れなければならない、自分が死ななければならない戦争・・・二度と起こしてはいけませんね。
    ただ、いじめや今の政治、自殺など本当に私達が変えていかなければならないと思います!
    自分でできる所から、実行していきたいと思います。
  • エンドルフィン 
    7/14 23:49

    今日は
    しーちゃんの優しい気持ちが勝っちゃったんですね

  • TETSU 
    7/14 23:58

    し〜ちゃん重役お疲れ様でした。歌は心だから…みんなに伝わったと思う
    今日はゆっくり休んでね。

  • マスター(コメなしスイマセン) 
    7/15 00:23

    読んでてその場には居なかったですけど、伝わってきます。
    色の手紙の曲調も心に染みますよね。神様も降りて来られて全てLinkしたのでしょうね。お疲れ様でした

  • ☆桜子☆ 
    7/15 01:06

    昨日のし〜ちゃん とても素敵で感動致しまし

    今日『みずいろの手紙』を家で聞きましたが 歌詞が色々な意味に感じられました…
    改めて 素晴らしい
    素晴らしい歌詞だと感じました…

    今は便利な物がいっぱいで手紙を書くことも少なくなった時代になりましたが 戦争中の方々はどんな想いで手紙を書いていたのかと思うと胸が締めつけられます…
    し〜ちゃんの優しい心に神様が入ってきたのです…
  • mh  
    7/15 04:25

    みずいろの手紙に新しい1ページが加わりましたね
    ひらがなの「みずいろ」ということばがこの歌の広がりを
    暗示していましたよね 

  • £ぽーる£おやじモデラー♪  
    7/15 04:33

    し〜ちゃんの気持ち・・・よく解りますよ♪ 靖国神社には110万近い英霊及び一般の市民の犠牲になった御霊が祀られています。毎年、終戦の日にお参りする政治家にマスコミが「私用ですか?公用ですか?」とアホな質問をしてる姿を見る度悲しくなります。A級戦犯、B級戦犯、C級戦犯って結局戦勝国である連合国側が一方的に決めつけた東京裁判によるものだし公平性に欠けてる訳です。勝てば官軍でしょうが、私は賞賛に値する立派な敗者がいた事を多くの日本人に知って欲しい気持ちです☆例えば、「私は貝になりたい」のように・・。むしろ靖国は名もなき兵士や戦争で犠牲になった一般市民が中心に祀られている訳で、今日お参りするのは皆先人達が命を落として守ってくれた事を感謝し、不戦の誓いをする為だと思っております。当時は家に電話などほとんどなく「手紙」が唯一のコミュニケイションツールでしたから戦地で受け取る「手紙」は愛する人を守る希望であり夢であったろうと思います(;>_<;)

  • すずけん≠ 
    7/15 08:37

    歌って歌う人聞く人その時の感情で歌詞の意味合い変わるのでは

  • チャカ☆Facebookは面白いわ☆ 
    7/15 09:23

    日記を読ませて頂きました

    頭の中でイメージできました。

    体感した事に感謝ですよね

  • わんこ 
    7/15 14:38

    こんにちは
    って不思議ですね 歌手の方にはその場、その時の感情も当然入るし 聞く側もそうです でも
    は母親がいつも鼻歌
    みずいろの手
    を歌ってた
    気な頃のお母さんの思い出です って、不思議で素晴らしいですね

  • ダックスフンド『仕事超多忙』 
    7/15 18:47

    歌詞を噛み締めながら歌うと、過去の記憶がよみがえったり、重なったりします。歌えなかったり、涙が出たなら、それだけの名曲であると思います。あべ静江さんと誰かに言えば、あの、水色の手紙を歌っている人として知っており、皆が心に刻んでいます。今までの長い歌手生活とは違う新たな一歩を靖国で踏み出したのだと思います

  • ☆フーコ☆ 
    7/16 06:42

    靖国神社に眠っている方達の思いが、「水色の手紙」にぴったり合います
    その方達がみんな一緒に泣いているような気がします
  • ふじいεふみふみ♪ 
    7/17 22:13

    不思議な体験ですね。読んでるだけで
    その光景が浮かび
    し〜ちゃんの気持ちが伝わりました。

    『みずいろの手紙』はし〜ちゃんに初めて会った時に涙した曲です
    私にとっても大切な曲になりました。



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)