Φ楮蠍を訪れて…

  • し〜ちゃん 公式ブログ/Φ楮蠍を訪れて… 画像1
  • し〜ちゃん 公式ブログ/Φ楮蠍を訪れて… 画像2
引き続き

共同ファームです。




本当に広くて…


でも‥

鳴き声が

全く聞こえない


シーンと静まり返って・‥…



何と ここでは‥


8200頭が

殺処分された…



私達が訪れる前日の
1日に…

やはり試験的に何頭か
入ってきたばかりで

皆さん

本当に良く動いてらした。


でもきっと…

8200頭が居た頃は


もっともっと

忙しい日々を
送っていらしたんだろうな…

と、ふと‥




現地の方に伺った…


生まれたばかりの
赤ちゃんの牛や豚は

全く免疫力がないので、
すぐに感染!


生まれたと同時に
初乳も与えられないまま
息を引き取ったという…


いたたまれず

現地の方々は

生まれて すぐに
死んでしまった子を

冷蔵庫に入れて…

お母さんの殺処分の日に

一緒にしてあげたと聞いた…



あまりにも切ない…


「それ位しか

してやれなかった」


それに・‥…


「全く、感染の
気配も反応もない子も
殺処分でした…」


それは確かに

私達の食を支えてもらう為に

育てていただいて
いるんだけれど…


私達は、

命を いただくのだけれど…



あの

恐ろしく暑かった
今年の夏


[殺処分]という
冷たい言葉に
従わなければならなかった

宮崎県の皆様


日本の 宮崎以外の
酪農に

影響が広まらないようにと


大変な 決断!!


それは、

ご自分達の生活の糧であり


また 命あるもので


可愛がる所から

すべてがスタートする…


私も

三重県松阪市の出身です。


松阪では

酪農家の方々が

牛との お別れに

牛の お嫁入りのように

振り袖を着せて送り出す…

[松阪牛祭り]で

私も それに触れた…


やはり 送り出す時

皆様 悲しいのです。


でも!!

殺処分での別れとは

全く違う!!!



何年も積み重ねてきた
DNAの歴史を

なくしてしまわなければ
ならなかった

しかし

その DNAの歴史を

消してしまってでも

他県の酪農家を
守るという勇気!!



今回の

宮崎県の酪農家の皆様に

心から

経緯を表したい。



どうか…


この笑顔が…


もっともっと
飛びっきりの笑顔に

なりますように☆彡




末尾にはなりますが


この度


日本歌手協会と

宮崎県口蹄疫被災地の方々との


パイプを作って下さった


小池 百合子さん

谷垣 禎一総裁に


心から
感謝いたします。



あべ 静江