◆擇△抂貂臓曄羨

相変わらず、仲の良い【あべ一座】



まずは
私の先日8月18日の
《あべ一座》の
日記を読んでから、

この文章を読んでくれると解りやすいと思います




以前ね


阿部 力(ツヨシ)君が
『キャバレー』
という舞台に出演した時に☆


みんなで

「応援したいね!!」

「そうだ!!サプライズでみんなで集まって観劇に行こう


と、すぐに話がまとまった事があったの



時は
昨年の【あべ一座・忘年会】の時に、話は戻る。

その力君が忘年会に参加できなかったので話が進みやすかった


幹事には、阿部 進之介(シンノスケ)ちゃんがなってくれた



―――年が明け―――


何と


力君は、全く知らない中

作戦は、着々と…

力君のマネージャーさんにも結託していただいて進行していた




《1月27日・日生劇場》


私達は静かに集結した



楽しく観劇



特に、力君が出てくるシーンでは
カナリかなり[力]の入った応援を



あべ(阿部・安倍)さんばかりが

ズラリと日生劇場の座席に横に並んで、楽しんだ




舞台が終わって

楽屋に揃って顔を出した




力君が、目をまんまるくして驚いてくれたッ


一瞬 キラッと目が光った



凄ーく ビックリしてくれた



凄く凄ーく 喜んでくれた




「みんなで、観てたのよ
」←私

「今から俺たち
食事にいくんだけどサ
」←サダヲちゃん

「なんかさぁ…マネージャーさんに聞いたらこの後仕事入ってるんだってね
」←こうじさん


『あぁ…
』←力君

すかさず

「そうなんですよ…昨日資料を渡したじゃないですかぁ…取材‥入ってるんですぅ」←マネージャーさん


「仕事なら仕方ないよな」←サダヲちゃん


「残念だよねー」←亮平ちゃん


「まっ、終わったら連絡してみてよ。まだ、もしかすると居るかもしれないし」←私


「残念だなぁ…」←こうじさん


「残念よねぇ…」←βちゃん


「凄く残念ですぅ…」←エレナちゃん



私達は別れを惜しみながら…

・‥…力君は寂しそうにしていたけれど…

楽屋を後にした。



外に出たら寒かったけれど…

心は温かかった



みんな笑顔



力君の喜びが…
私達の心を 凄く暖かくしてくれていた




作戦成功




だけど!!

ここで終わる私達ではない



既にカンの働く皆様は
お気づきかもね



日生劇場&食事処を
予約してくれていた
⇒幹事の阿部 進之介ちゃん
…お気の毒

作戦をたてている最中に
京都での撮影が入ってしまって、
当の本人が参加出来なかったの


でも、気にしてくれてて
京都から進行ぶりを常に
でチェック

指示を出してくれていた


指示に従って
食事処で喜びを分かち合いながら
軽い盛り上がり



進之介ちゃんに
セカンド幹事に任命されていたβ(ベータ)ちゃんが
この日は現場で活躍してくれていた



βちゃんの
が鳴った



「間もなくです」←βちゃん


「お店の前ですって」←βちゃん



私達は、息を殺した




「遅くなりましたぁ」←力君のマネージャーさん



『失礼します』←力君


いっせいに、携帯のフラッシュ



「かこみ取材です」←サダヲちゃん

「今日の演技は、いかがでしたか」←こうじさん

「あべさん達は何しにきたんですか?」

「こっち見てー」

「目線、こちらにください」


もう、グシャグシャ



誰もマトモに力君の写真
撮れてないし…



ブワッと
二度めのサプライズに反応した

力君の涙



キレイだったのに…




フラッシュに夢中になってて、みんな的外れ



かくして

作戦は、大大大成功



力君、メチャクチャ喜んでくれた



もちろん、その後は…めちゃめちゃ盛り上がりましたよ



↑のサプライズじゃないけれど、

その後も↓


阿部 サダヲちゃん

あべ こうじさん

阿部 亮平ちゃん



↑で、また阿部 力ちゃんの舞台に行ったの



〔真夜中のパーティー〕

パルコ劇場



その報告も追ってしますね




とりあえず!!

力君のサプライズの日に、撮った
を2枚☆









残念ながら…エレナちゃんは、未成年なので…この日は早く帰っちゃった


喜びで浮き足立ってたので、私の手元にはマトモな写真は これ位しかないなぁ…










写真に向かって左端は、力君の奥様

中国の方です。
写真より、実際にお会いした方が、ずっと美人さん



NHK-BS【あべ一座】の芝居の中で、私が↓

阿部 寛さん

阿部 サダヲちゃん

阿部 力君

阿部 亮平ちゃん

↑の、お母さん役だったので、力君の奥様は勉強中の日本語で、「母ちゃん」「母ちゃん」と話しかけてくれて…私…コッソリ嬉しかったんだ




静江