≪家族≫No.ぁ羨

≪家族≫No.
≪家族≫No.
≪家族≫No.
↑を読んでから 読んでね



ここでは、父について書こうと思う


父は…実は何度も死んでいる

死にかけたのではない

本当に、生き返ってきている



父は、結核だったの。


私が、小学校一年生〜三年生の後半になるまで、三重県の津にあった療養所から帰ってこられなかった。


その3年間の間に 大きな手術を11回した。


肺を片方切除した。



父は、弦楽器の全てを操る。

管楽器や打楽器に手をださなかったのは、片肺だから…。


父に抱っこされた覚えがないの…私。

それは、父が 結核が私に移るといけないからと、配慮によるモノだと、母が話してくれた。


幼少期には、父のバンド & 歌手としての母と、少年院とかに慰問に行った記憶はあるのだが…ベタベタ甘えた記憶がない



3年間の間に、母と療養所に お見舞いに何度も行った。


今から思うと…母はマダ27〜28才…若いよねぇ〜。

父が母の4才年上だから…32〜33才


( うわぁ
二人とも
若い




( そっかぁ…


こうして、当時の両親の年齢とか思い返しながら 自分の人生や家族の人生をたどってみると…いろんな事が見えてくるね


ありがとう
日記




療養所は、山の上にあった。

真っ暗になって山道を降りてくる時の寒さときたら…ホカロンとかなかったしね…
あの当時は。

母のコートのポケットに一緒に手を忍ばせていた。
あったかかったよ



大きな手術が終わった後には 必ず お見舞いに行った。


父の顔が、とても青く…黄緑色に見えた。

髪がのびていた。

ヒゲも。

強烈に、父の姿が頭に焼き付いた。


小学校の授業の中で、[お父さん]というタイトルの貼り絵が課題になった。


私は、父を見舞ったばかりで かなりリアルに絵心を披露した。

いまだに、あの出来栄えには自信がある。

私が目撃した父に、そっくりだった☆


出来上がったクラス全員の作品が、教室に展示された。

なかなかの力作ぞろい。

私の作品の前で、悲鳴に近い声が聞こえた「気持ち悪〜い
」って。



ショックだった。
すごく父に似てるのに


ただ…確かにリアルすぎた…大手術直後の父そのままだったんだもの




そんな父が、退院してきた。
私は…照れる娘心が芽生え始めてきていて、父のソバにナカナカ近付けなかった



カッコ良かったんだもの…父が








その父の、別の姿を次回に続けたい




静江


 
  • コメント(全13件)
  • 。+*空模様*+。 
    8/10 10:11

    かなし

  • ぢゅん。 
    8/10 10:26

    し〜ちゃん、パパ似


    今で言う“イケメン”サンですね

  • ランディ 
    8/10 10:29

    カッコイい

  • ♪ちぃちゃん♪(出来る限り参加ヨロシク) 
    8/10 11:19

    あべ静江さん
    女の透き通る様な歌声に魅了され、今でも 大ファンです。私は、母親を早くに亡くし、母親は、祖母の面倒・兄弟が多いけれど病死したり・いろいろと忙しかっので 母親の思い出は、白い割烹着でお団子頭で お化粧をしないで 頑張っていた姿しか浮かびません。30代後半で旅たたせられた母
    私の心の中にいるけれど はっきりした顔がみれない・・・でも 一番の味方の家族です。
    まとまりが なくてごめんなさい
    でも あべさんの歌声で癒されていたのです。これからも 頑張ってくださいね

  • サトウキビ 
    8/10 11:22

    ご実家でのんびりできましたか? たまに帰っても家族と話に花が咲いてのんびりとまではいかないかな…
    あべさんは、色々な経験をされてますね
    お互いに、健康に気を付けて、親孝行に、仕事に、これからも頑張りたいですね
    最終の新幹線に乗るなら、もう少ししたら出発ですか? また松阪へ帰って来て、楽しいお話を聞かせてください
  • ももリッチ 
    8/10 11:34

    イケメンですね!


  • 柴犬♪活動休止中です(ノンビリ参戦) 
    8/10 11:50

    家族〜い見させ
    戴きました
    々なハードルを越えていたんですねぇ
    真も拝

    親子で音楽家
    伝子

    透き通る歌声は癒し

    画面を通して見る優しい人柄も廻りの環境に
    あったんですねぇ

    母上と出産時に同じ体験記を私もしてます(笑)
    3人目の出産でした。一応私29才の時です。
    ーク(看護婦)の方達が名、私の周りに…

    前日に立ち会い出産の協力申し込みが、ありましたので、何も問題は無し
    護婦教育に手助け

    これからも日記を楽しみ
    ながら拝見
    ます。
  • あや 
    8/10 12:03

    素敵
    お父様
  • ぴんく‡超多忙中‡ 
    8/10 13:13

    家族〜い読ませて頂きました

    お父さん男前ですね


  • 新羅 
    8/10 13:41

    人に歴史あり。みんないろいろな経験してきてるんだね。
  • なおき☆STAR★Navigation☆ 
    8/10 13:46

    やはり父親の存在は大きいことでしょう
  • めちゃ×2(クリ○バトル×その他△) 
    8/10 14:19

    家族〜い
    読ませていただきました。お父さんの若い頃の
    しくて可愛い顔をしてますね。人格は顔に現れると言いますが、本当に善き家庭に育まれてよかったですね
  • 一人でも千人《2月10日でグリー辞めます》 
    8/11 16:25

    お父様は片肺を切除されながらも 奇跡の復活を遂げられたのです

    感動的なお話ですね
    でも結核をやった方は老年になり体力が落ちると、
    開放性に変わるというか再発する事がありますから
    注意が必要だと思いますヨ
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)