被災地に救援物資を届ける仕事

  • 阿部亮 公式ブログ/被災地に救援物資を届ける仕事 画像1
  • 阿部亮 公式ブログ/被災地に救援物資を届ける仕事 画像2
  • 阿部亮 公式ブログ/被災地に救援物資を届ける仕事 画像3
「ニッポン放送・文化放送共同企画 東日本大震災被災地にラジオを送ろう」
キャンペーンでリスナーの方々から3500台ものラジオをご提供いただきました。

そして、ニッポン放送の番組パーソナリティとして、4月23日から5日間、
ラジオと救援物資を被災地に届けに行くことになりました。

行先は、気仙沼市、釜石市、山田町、大槌町を予定しています。

先日、岩手県議会の議員さんに電話で話を聞いたのですが、
沿岸部の被災した町では役場の防災無線が破壊されており、
復興作業で外出している時に津波警報が出ても気づけない状態で
とても危険で困っているそうです。

ラジオを持っていれば、地震警報や津波警報も即座に分かるので、
大量に提供してほしいとのことでした。

また被災地の状況は、まだまだとても深刻な状況で、
満足な食事をとれない避難所もまだあるそうです。

そして一時的に満足な食事ができても、継続されなければ意味がありません。

震災から一ヶ月以上も経つと、
義援金やボランティアも少しずつ減ってきているという話も聞きました。

メディア報道の内容も、原発問題の陰に津波被害が隠れてしまって、
津波の被災地が忘れられていくことも不安だと言っていました。

失われつつある『継続的』な支援の穴を少しでも埋められればと思います。

4月23日出発予定ですので、今は、企業に声をかけて、必死に救援物資を集めています。

※写真は、被災地の場所と人数を地図にシールでマーキングしている所です※

 
  • コメント(全4件)
  • ☆しずちゃん☆ 
    4/20 16:57

    阿部さ

    自分の身内やお父さんが毎日どんな思いで生活して来てるのか、それ想像するタビに
    した。地震後2日間食べなかった日もあったみたいです。阿部さん好意、被災者の皆さん胸が詰まる位に嬉しいと思います。まだ余震あるので気を付けて行ってね。私もGwに行きます
  • May 
    4/20 17:36


    私事ですが新宿に近い居住区なので、事務所に直にお持ちしたいくらいですが…

    怪しいものになってしまう可能性と混乱してると思うので自重します。が、この活動賛同します。
    やはり頼るべきは法律家の方。
    信頼できます

    私は別件にて継続支援を慎ましやかに致します

    被災地の方、自衛官、被災地区の行政、レスキューや警官の方々全ての情報共有ツールにラジオは欠かせませんね


    長いスパンでも私たちが可能なことをやり続けたいですね
  • ちくわ 
    4/21 16:07

    自分の父は大槌に仮設住宅建てに行ってますが、けっこうヤバいらしいで

  • 阿部亮 
    4/22 16:23

    しずちゃん
    はい!
    気をつけていってきますよ
    しずちゃんも気をつけてくださいね!
    僕らこれから物資の仕分けをします!

    May
    その気持ちだけで十分です^^
    長いスパンで継続することが重要です。
    ちょっとでもいいので、皆さんが募金をずっとしてくれるとうれしいですよね


    ちくわさん
    そうですか

    僕も気合を入れていってきます

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)