【Jason Mraz / ジェイソン・ムラーズ】「アイム・ユアーズ」今週も先週に続き全米シングル・チャート10位(ミリオン達成)!!オバマ勝利に喜ぶもProp8の行方はどうなるのか、ジェイソン。


6月に発売されたアルバム『ウィ・シング、ウィ・ダンス、ウィ・スティール・シングス。』が全米で大大大ヒット中のジェイソン。シングル「アイム・ユアーズ」が全米で超ロング・ヒットを記録中、チャート・イン29週目にして、今週も先週に続き、全米シングル・チャート10位(ミリオン達成)、デジタル・ソング・チャートでは9位!!そんな、ジェイソンは現在、12月上旬まで続く全米ツアーの真っ只中ですが、ここ最近の彼の関心事はもちろん大統領選。ずっとオバマ、オバマと言い続けてきたジェイソン。きっとオバマ勝利に胸をなでおろしていることでしょう。しかし、ジェイソンにちょっと残念な結果も。11/4の日記で、ジェイソンは以下のように呼びかけていました。「愛する人との愛を自由に誓い合える権利を僕たちから奪わないで!住民投票プロポジション8は同性婚を禁止しているから、(これが通れば)今の州の現状をひっくり返すことになる。今日の住民投票では是非プロポジション8に反対票を投じて、同性婚に対する指示を表明して下さい。そうしたことで、何の実害もない。子供たちにも、お年寄りにも、勿論君たちの税金にも。愛あるのみなんだ。僕のためにやってほしい。ありがとう!オバマ頑張れ!」Propは大統領選の投票と一緒に行われる住民投票のことで、今ちょっとした話題になっていますが、このProp 8、ジェイソンの住むカリフォルニア州では、ジェイソンの呼びかけも空しく、同姓婚禁止に軍配があがってしまいました。さて、シュワルツネガー州知事はどう判断するのでしょうか。