Carole King & James Taylor

  • 榎本くるみ 公式ブログ/ Carole King & James Taylor  画像1
先日、キャロル・キングとジェイムステイラーのライブを観に行って来ました。


名曲がたくさん詰まったアルバム、「つづれおり」から40年。

本当に素晴らしいライブでした☆


セットはとてもシンプルだったけど、曲の演奏があるたびに、 観客も大合唱。


バックバンドもあの頃のオリジナルメンバーを集めて演奏されていて、時を重ねてまたみんなで音を奏でることができるって本当に素晴らしいことなんだな。。。とつくづく思いました。

遠くで観ていてもふたりはまるで少女と少年みたいな光を放っていました。

「you've got a friend」


名曲ですね。


英語がわからない私だけれど、 この曲を聴くたびに毎回目の下が熱くなります。

「きみのともだち」

キャロルキング&ジェームステイラー


君がしょげて悩んでいるとき
そして手助けが必要なとき
そしてすべてがうまく行かないとき
目を閉じてボクのことを考えるんだ
そうしたらすぐに君のところへ行くよ
真っ暗な夜でも明るくするために

ただ僕の名前を呼べばいい
そうすればどこにボクがいようと、君はわかるはず
ボクは走って君の元に行こう
また君に会うために
冬、春、夏、秋
ただ君は僕の名前を呼べばいい
そうすればきっときっと君のところにボクは行く
そう君は友達がいるんだ

仮に頭の上の空が
暗くなって雲だらけになっても
そしてあの北風が吹き始めても
神経を集中してボクの名前を大声で呼ぶんだ
そうしたら君の部屋のドアをノックしに行くよ

ただボクの名前を呼べばいい
そうすればきっときっと君のところにボクは行く

友達がいるのがわかるっていいことじゃないか
人は冷たくあたるかもしれない
君を傷つけて見捨てるかもしれない
もし君が許せば人は君の魂を奪ってしまうかもしれない
そう、でも君はそんなことさせないだろう

ただボクの名前を呼べばいい
そうすればどこにボクがいようと君はわかるはず
ボクは走って君の元に行こう
また君に会うために
冬、春、夏、秋
ただ君はボクの名前を呼べばいい
そうすればきっときっと君のところにボクは行く
そう君には友達がいるんだ

友達がいるのがわかるっていいことじゃないか

友達がいるのがわかるっていいことじゃないか

君には友達がいる