アルバム「NIU」参加アーティストから応援メッセージが届きました!!!

SPENCER(a.k.a.大谷友介)

アレンジ、レコーディングを通して、持田さんの目の中に映る、心に広がる風景
に触れることが出来たような気がして、とても楽しく素敵な時間でした。どうも
ありがとう!今度はベルリンで何か出来たらいいですね〜
http://www.spencer-web.com/


渋谷慶一郎(ATAK)

友達や周りから「持田さんはいい人でかわいい、すばらしいよ!」という評判を
聞いていたので仕事をするのを首を長くして待っておりました。
結果は予想以上で、みんなが持っていかれるのに強く納得した次第です。声って
音色だからそういうことなんだよねっ
http://atak.jp/


田中 馨(SAKEROCK)

よい曲でしたので
僕は一緒になれる風にやりたかったのです
とっても楽しい空間をありがとうございます
http://sakerock.com/


谷山浩子

声をかけていただいた時は意外なことでびっくりしましたが、企画から完パケま
でずっと一緒に作業をして、持田さんの感受性の豊かさ、人柄のよさ、不思議な
空気感、そして何より歌声の力に、すっかり魅了されました。
大好きです。
いい歌と、いい時間を、ほんとにありがとう!
http://www.taniyamahiroko.com/


Dr.kyOn

松本隆40周年イベントで「空色のくれよん」を演奏、心の底から嬉しくなる風を
感じた。
それは、邪魔するでも味方するでもない自然な風。
そこに響く声って焦らず泳ぐ水の中の心地良さと同じ。
プールの壁をゆっくり蹴った水の揺らぎをピアノが奏で、「days」から始まる言
葉の揺らぎが楽しく泳いでいく。 
http://www.livemedia.co.jp/kyon/


半野喜弘

持田香織さんとの作業は自然な流れの中にあったと感じます。
彼女の中に、アーティストとして完成された部分と、彼女自身がまだ気づいてい
ない可能性の両方を感じ、彼女の中にある<未だ見ぬ持田香織>を見つける事が
僕の役割だと考えていました。
それは飾り付けをする事でも、着色をすることでもなく・・・、彼女の中の閉じ
たままだった扉の幾つかをノックするだけのシンプルなコミュニケーション。
それは素敵な体験となりました。
http://www.yoshihirohanno.com/

http://www.avexnet.or.jp/elt/news....