スマートフォンと電子辞書。

 2010年は、

 スマートフォン


 &

 電子書籍


 元年らしく



 スマートフォン分野では、
 Softbankブランドで、iPhoneゃiPad

 NTT Docomoは、韓国のサムスンと手を組んだ新機種。
 auも、Andoroid携帯投入で、

この秋冬商戦、機種がようやく出揃った形



 一方、電子書籍分野では、
 Amazon、apple、googleと海外大手がビジネス展開するなかで、

 日本は、どの経路を辿るか?!

 ユーザー側にとって大事な点は、

 ”使い勝手の良さor最先端の機能”

 此処でも、グローバルスタンダードが
になるんじゃないかな



 携帯電話の、親指操作に馴れてると、
人差し指のなぞる(タップ)感覚って、最初は不思議な感じするんですよね