「笑って歌って仙台ァリーナ」by ファンキー加藤






ファミリーマートさんとのコラボ企画『スマイルメッセージボード』。日本中から届いた笑顔が、東北のBABYSをお出迎えした。






というわけで、


『笑って歌ってもりあがァリーナ 〜行くぞ日本!!〜』



22日目&23日目@仙台セキスイハイムスーパーアリーナ。






ツアー最終公演も〜…





最幸だったぁぁぁー!













どっかーん!!!




あ、もういっちょどっかーん!!!






今回のツアーファイナルは仙台だった。これは意図的にそうしたのではない。ツアーの日程を組む段階で、各会場の空き状況を調べ、それを順に押さえていった結果、たまたま仙台がファイナルとなった。




でも俺はこれを“単なる偶然”ではなく、“何かに導かれた必然”と捉えた。その“何か”が神様なのか運命なのかはよく分からないけど、きっとFUNKY MONKEY BABYSに通常のライブだけではない“プラスα”の使命を与えてくれたんだ、と。




それはこのツアー中に全国各地から受け取った笑顔を、元気を、希望を、東北の地へと繋いでいくこと。




仙台までの21公演で見てきたBABYSの笑顔、ライブ中に感じてきたBABYSの想い。その全てを思いっきり胸に吸い込んで、力強くマイクを握り、ステージ上に飛び出した









めちゃくちゃ熱い大歓声で迎え入れてくれた仙台の、東北のBABYS。そして一気に上昇する場内の熱気と湿度。




どんどん上昇する熱気と湿度…(あれ?)。




もう充分なのに、さらに上昇する熱気と湿度…(ちょ…ちょっと?)。






まさかツアーファイナルにして、全公演中、最も過酷なステージコンディションになるなんて、思いもしなかったよ…(苦笑)。



バタン…






苦しかったけど、頑張って歌ったよ。自分でも「俺、スゲーな!」って思えるくらい頑張って熱唱したよ。




今なお、東北で「頑張れ」「頑張ろう」と叫ぶのは責任と勇気がいる。でも俺は絶対に叫ぶって決めてたから。ツアーが始まる前から、ずっと。だからその為には自分自身が出来ることを精一杯やらないと。まずはこっちが頑張らないと。




もう遠くからの10万人の批判も怖くない。目の前にいるたった1人が、俺たちの歌声がきっかけで新しい一歩を踏み出せるとするならば、そっちの方が俺にとっては大切なんだ。




だから仙台でも叫んだ。「頑張れ!」「頑張れ!」「頑張れ!」。





今まで人知れず背負ってきた悲しみや苦しみを少しでも降ろしてもらいたくて、



その軽くなった背中にプラスの力を少しでも届けたくて、



9000人(両日で18000人)全員が幸せにたどり着ける奇跡を起こしたくて、



なんてそんな小難しい説明を省くなら、




とにかくみんなに笑ってもらいたくて。








もしも会場にいた君が、笑顔の帰路に着けたなら、このツアーは大成功なんだよ。




俺もメンバーも、総勢100人近いツアースタッフさんも、それだけが唯一の目標だったんだよ。






どうだった? 楽しんでもらえたかな?






置き去りにされてたあの日の笑顔に、ちゃんと出逢えたかな?






楽しめた人は、またFUNKY MONKEY BABYSに会いに来てくれよ。どっちが今日より大きく成長できるか、勝負しようぜ。



楽しめなかった人も、また会いに来てくれよ。リベンジの機会をもう一回だけちょうだい(笑)。






ありがとう、仙台! ありがとう、東北! 最幸のファイナルだったぜ! また一緒に演ろうな!




















「天井を眺めながら」by ファンキー加藤



東京駅で爽健美茶とワンピースの最新刊を購入し、新幹線に乗り込んだ。




一時間くらいマンガを読み、睡魔に襲われ一時間くらい仮眠。仙台駅到着のアナウンスで目を覚ました。駅のホームでは、キョードー東北の椎さんが出迎えてくれてた。




同じく前ノリ組のケミカルやスタッフさんと合流して、みんなで夕飯を食べに行った。明日のライブの為に、炭水化物と肉を多めに摂取した。




食後、コンビニを経由してからホテルへ。ベッドに横になって、しばらくボーっと天井を眺めていた。






いよいよツアーファイナルとなる仙台公演だ。






1月28日、静岡エコパアリーナから始まった『笑って歌ってもりあがァリーナ』。それは全国の笑顔と希望を紡いでいく旅路となった。




長かったような、あっという間だったような。大きなトラブルもなく無事にゴールが見えてきて嬉しい気持ちもあるし、楽しい旅路が終わってしまう寂しさもある。




まぁそんな総括的なことは、仙台2DAYSが終了してからだ。まだまだ2日間も残ってるんだ。




なんたって降水確率100%という数字をはじき出した明日の仙台。神様か何様か知らんけど、青空の下でキレイに終わる事を拒まれてるような、そんな気さえするよ(笑)。






ファイナルでも“全ての終わり”じゃない。ここからまた、新しい何かを始めなきゃいけないんだ。




土砂降りの中の第一歩なんて、いかにもファンモンらしいじゃん。参戦するBABYSはいろいろと大変かもしれないけど、しっかりついて来てくれよ。




俺はお前を絶対に裏切らないから。








いざ、仙台セキスイハイムスーパーアリーナ。完全熱唱してやるぜ。

「横浜 LOGOS」by ファンキー加藤





横浜の元町ショッピングストリートにある老舗のクラブ『LOGOS』が、今月いっぱいで18年の歴史に幕を下ろすことになった。




閉店してしまう前にどうしても行きたかった。何故ならここは、FUNKY MONKEY BABYSがデビューのきっかけを掴んだ思い出の場所。






もともと縁もゆかりも無かった“横浜”。怖そうなB-BOY系のお兄さんがいっぱいいそうなイメージがあり(実際に絡まれたりもしたぜ(笑))、当初はライブのお誘いがあっても躊躇していた。




でも、もしかしたらそこにもチャンスがあるんじゃないかと。ていうか、そもそも何の結果も出してない俺たちごときが、出演するイベントを選ぶなんてクソ生意気だと(笑)。




勇気を出して立った『LOGOS』のステージ。明らかに今までとは違う客層に、戸惑いながらも一生懸命歌った。






電車で行くなら横浜線。車で行くなら国道16号バイパス。出発はいつも夜中で、八王子に帰る時は朝焼けに包まれながら。何度も何度も通いつめ、ボコボコに凹んだマイクを握った。




集客に苦戦しながら、なんとか自分たちでもイベントを打てるようになった。そして今の事務所の社長と出逢い、後に俺たち3人を拾ってくれたんだ。




楽しかった事ばかりじゃない。むしろ大変だった事の方が多いかもしれない。それでも当時を振り返れば、キラキラと輝く素敵な思い出たち。どんな苦労も、時間が経てばすべて笑い話だ。






数年ぶりに行った『LOGOS』は、めちゃくちゃ楽しかった。先輩ミュージシャンから無理矢理テキーラを飲まされる事もないから、お酒も美味しかった(笑)。




久々の再会もたくさんあった。皆、それぞれ元気そうで、今なお現場の最前線に立ち、奮闘している。その姿を見て、心から嬉しく思った。




そして再確認したのは…やっぱり俺はヒップホップ“も”大好きだという事。ポップスやロックと同じくらいにね。






帰りの道中。(ノンアルコールで耐えてくれた)後輩が運転する車の窓から、わずかに見えた球場の影。




9月に立つステージ。横浜スタジアム。






あの日の俺よ。FUNKY MONKEY BABYSは、どうにかここまで来たぜ。

「笑って歌って埼玉ァリーナ」by ファンキー加藤







『笑って歌ってもりあがァリーナ 〜行くぞ日本!!〜』


 
20日目&21日目@さいたまスーパーアリーナ。






今回も〜…





最幸だったぁぁぁー!

















どっかーん!!!




スーパーどっかーん!!!






FUNKY MONKEY BABYSのワンマンライブ史上最大規模となったさいたまスーパーアリーナ。なんと二日間で36000人ものBABYSが会場に足を運んでくれたんだ。




その圧巻の光景は、言葉ではうまく説明できないほど。




ライブが始まった瞬間の空気がビリビリと震えるような大歓声に、心臓がバクバクしたり、鳥肌が立ったり、毛穴や瞳孔が開いたり…とにかく体中に異変が起きまくって大変だった(笑)。






正直に言えば不安もあったよ。今までに感じた事のない客席との距離感。その広さゆえに奪われる体力、いつも以上の疲労感。一発勝負のプレッシャー。




だからせめてBABYSには遠く感じさせないように、自分の中の弱い心も吹き飛ばすように、気力も体力もギリギリのところでガムシャラになって歌ったよ。




誰一人欠けることなく、会場にいる全ての人たちの笑顔を引き出せるように、全身全霊で歌ったよ。




たぶん音程も外れてたし、歌詞も何ヶ所か飛んだし。そもそもそれ以前に息切れしちゃって歌えなくなったりとか…(笑)、相変わらず雑なライブパフォーマンスだけどさ




このステージでも馬鹿の一つ覚えのように幾度も叫んだ「頑張れ」が、あなたの大事なところに届いて、それが新しい何が始まるきっかけになったり、いつの日か幸せに結びついてくれたりしたら、こんなに嬉しい事はないよ。




それからみんなからの「頑張れ」も本当に本当に心強かったよ。振り返ってみれば、こうやって手と手を取り合って乗り越えてきたんだもんね。いくつもの困難を。ずっと一緒に。






さいたまスーパーアリーナに輝いた36000の笑顔。それは生命のぬくもり。信じる力。希望の光。いつまでも忘れないで。






ありがとう、埼玉! またお前に会える日を楽しみにしてる! その時までお互い頑張って生きようぜ!






「笑って歌って岡山ァリーナ」by ファンキー加藤





ケミカル、入籍後の初ライブ。でもやってる事は全く変わらず(笑)。会場内にはたくさんの祝福の声が舞っていました。






というわけで、



『笑って歌ってもりあがァリーナ 〜行くぞ日本!!〜』


 
18日目&19日目@岡山市総合文化体育館。






今回も〜…





最幸だったぁぁぁー!






どっかーん!!!




ぼっけぇどっかーん!!!






初日に俺が足首を捻挫したり、二日目にはケミカルが腹をくだしてトイレに駆け込んだり、その間を埋めるためにモン吉がスクラッチを披露したり、アクシデント&中断だらけだった岡山でのライブ(笑)。




でもそれもこれもライブならではだし、そんなアクシデントなんか飲み込んでくれるぐらい岡山のBABYSがぼっけぇ盛り上げてくれたんだ。




いや、言葉じゃうまく説明できないけど本当にヤバかったよ。事務所のスタッフやイベンターさんも「なんでこんなに熱いんだ?」と逆に首を傾げるほど、会場の一体感は凄まじかった。






きっとずっと待っててくれたんだね。きっと思いきり笑いたかったんだね。きっとFUNKY MONKEY BABYSから元気をもらいたかったんだね。




俺は勝手にそう解釈して、BABYS一人一人と真っ正面から向き合ったよ。




精一杯叫んだ「頑張れ」が、あなたの背中に優しく吹く追い風となりますように。




悲しみなんて笑い飛ばして、日常の涙を養分に咲いたキレイな10000の笑顔と、いつまでもいつまでも鳴り止まなかった温かい拍手の音色。俺は絶対に忘れないからね。






ありがとう、岡山! また必ず帰ってくるから、それまで頑張って生きろよ! 次の再会を楽しみにしてるぜ!