サブカル店員さんと私のお話。

  • 辻詩音 公式ブログ/サブカル店員さんと私のお話。 画像1

さきほど、サブカル古本屋さんに行ってきました。

レジに本を持ってった途端、店員の
お姉さんが

「あ!」って言って何秒か止まったあとに顔面蒼白になりながら

「れ、レジの鍵なくしました...」

と言いだしました。

えええええー!(◎_◎;)

電卓で本の計算しながらも、

「正直、わたしすごく焦っていますよ。レジもあかないし、お釣りも返せないのでもう半額でいいです」と投げやりなお姉さん。

は、はやまらないで!気を確かに!

なんか私も思わず

「一緒に探しましょうか?」

なんて言ってしまいましたが、店員の
お姉さんが分からないものを私が分かるわけはなく静かに応援しながら店をあとにしました。

最後までお姉さんは、「あああぁ記憶が、、思い出せないいー」ってなってて

その光景はそこに置いてあるどんなサブカル本よりもシュールでした。

無事、鍵が見つかっていますように。。